考え方

早起きが続かない人必見!すぐに実践できる2つの対処法

iPad Proだけで書く、#500文字ブログも5回目になりました。

今日のテーマは、「早起き」、「朝活」です。

しんた
しんた
「早起きしたいけど、なかなか起きられない」、「起きて新しいことを始めてみたけど、続かない」なんてことありますよね。

本日は、そんな方が持つであろう悩みに対する考え方を紹介します!


【悩み①】そもそも早く起きられない

早起きしたい!と思う人のほとんどは、新しいことを始めたいとか、勉強のために時間を作りたい、という人が多い

しんた
しんた
「夜早く寝ればいいんでしょ」とか「アラーム5つかけて頑張って起きてる」という人もいますが、オススメはしません。

早起きするというのことは、生活を変えるということ。

少しずつ、ジワジワと習慣化していかないと、無理が生じます。

3ヶ月くらいかけ、1週間ごとに起きる時間を5分ずつ早くしていく。
もちろん、寝る時間も徐々に早めていくことも大切です。


すると3ヶ月後、1時間早く起きられるようになってます。

しんた
しんた
なので、最初は5分はやく起きて白湯やコーヒーを飲む、なんてくらいでいいんです。

【悩み②】早起きしてもやりたいことが思うようにできない

朝活初心者は、日中と同じ作業をしてしまいがちですが、オススメしません。



運動でも、ストレッチなど、最初はウォーミングアップをしますよね。

1日の始まりは、50%くらいの作業を緩やかに始めるくらいの気持ちが大切です。

しんた
しんた
朝活では、「はやく起きたし時間を有意義に使うぞ!」ではなく、「1日を有意義に使う準備時間をしよう!」というくらいの気持ちで取り組みましょう♪
  • 早起きは長期的に習慣化すべし!
  • 朝活の目的は、TODO消化ではなく、1日を気持ちよく始めること!

それでは、今日も良い1日を♪

こちらの記事もおすすめ!