考え方

カントリーマアムで物価を考えてみた、って話

物価が上がっている、とよく聞きますよね。

でも実際どれくらい物価上がってるか、考えてみたことないな、と思ったんです。

しんた
しんた
なので、みんな大好きカントリーマアムで、物価がどう変わってるか、ざっくり計算してみました。

物価とは言いつつ、原材料の価格によるので、あくまで目安です。

原材料の物価が上がると、無駄なコストをカットするか、値上げをするか、量を減らすか、を考えます。

3つ目は、消費者は気付きにくく、よく使われています

価格を変えずに中身の量を減らすことを、シュリンクフレーション、と呼びます。

しんた
しんた
久々に食べたら一瞬でなくなるなぁ、と思ってたけど、こういうことか。
シャキ
シャキ
違うでしょ。

カントリーマアムの内容量の推移がこちら。
(いつの間にか容量が減っている商品Wikiより)

枚数 1枚あたりのグラム数 総グラム数
2005年 30枚 11.0g 330.0g
2019年 20枚 10.0g 200.0g

価格が323円(税別)だとすると、1gあたりの値段で比較することができますね。

  • 2005年:0.97円/g
  • 2019年:1.47円/g

不二家さんがシュリンクフレーションではなく、値上げをしていたら。

14年の間に485円になって、162円も増えている…!?

しんた
しんた
今までだったら400円あれば買えたのに、、400円でも同じだけのものが買えない、というのが、物価が上がった、ということですね。

物価が上がっているから投資をしよう!というわけではないですが、こういう風に物価がどのくらい上がっているかはたまに意識してみてもいいな、と思いました。

しんた
しんた
ちなみに僕は不二家さんもカントリーマアムも大好きです!
こちらの記事もおすすめ!