旅行

イタリア旅行、ミラノ編

こんばんわ、しんた@旅の投資家です。

11/28~12/5に新婚旅行としてツアーでイタリアに行ってきました〜!

今回行ったのは、ミラノ・ヴェネツィア・フィレンツェ・ローマの4都市です。
北イタリアでは定番の都市ですね。

海外旅行は3回目だったのですが、ツアーでの旅行は初めてでした。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”man-2.png” name=”しんた”]
なので、ツアー旅行で良かったところ、残念なところも含めてご紹介できたらと思います!
[/speech_bubble]

今回はミラノ編です!

新婚旅行にツアー旅行ってどうなの?
ミラノってどういう街で、何があるの?

ミラノで訪れた場所

商業の街として知られるミラノ。

イタリアは2回目なのですが、前回は来なかったのでミラノは初。

11月末のミラノは、仙台より少し寒いくらいの気候でした。

今回のツアーでは、以下の3箇所を回りました。

  • サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
  • ドゥオーモ
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア

それでは、見ていきます♪

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

え、どこ?ってなりますよね。

レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた、最後の晩餐があるところです。

え、美術館とかにあるんじゃないの?って思いません?

彼の最後の晩餐は、壁に描かれているんです。

そして、ダ・ヴィンチは、当時のスタンダードな手法であるフレスコ画ではなく、テンペラ画を選びました。
裏に給仕室があるのにも関わらず、湿気に弱いテンペラ画を。

なんでだろう、ってなりません?

そしてナポレオンは、この絵を削って馬が通れる門を作ったそうです。

どうして、絵を削ってまで。僕はそう思いました。

ツアーのガイドさんは要点を聴きやすいストーリィで教えてくれる

上のような疑問は、事実を知って、実物を見て、圧倒される。
その経験のあと、はじめて沸いてくる疑問だと思うんです。

世界にはなぜ?と思うことがたくさんある。
でも、その領域に行き着くには知識が必要です。

行く前に自分で知識を詰め込めたら一番良いですが、そういう旅行でないこともあります。

そんなとき、ツアーだとガイドさんがそこをサポートしてくれる。

現地での音声ガイドもあるのですが、
ガイドさんの方がストーリィ仕立てだったりするので僕には良かった。

ドゥオーモ

ここには圧倒されました。

声を失いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神社やお寺に来ると静かにしなきゃ、みたいな雰囲気あるじゃないですか。

海外の教会も建物はそういう荘厳な佇まいを持っています。
でも、それに加えて目が奪われる、って感覚になるんですよ。

天気に恵まれてガラスを通して入ってくる光が綺麗だったのもありましたが。

僕は当時の人々が、どんな気持ちで、誰のために、何を祈っていたのかを考えました。

同じ人間なのに、信じるものや文化、歴史、見た目など多くのものが異なる。

それなのに、英語ではあるけど喋ってみると仲良くなれるってすごいな、と感動でした。

ちなみに、ここのチケットの裏には最後の晩餐の写真を6つに分割したうちの1つがプリントされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”man-2.png” name=”しんた”]
嫁さんが見事にキリストのを引き当てていて、すごいな、ってなりました…
[/speech_bubble]

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア

ドゥオモから少し歩くとすぐ、ガレリア(イタリア語で回廊の意味)に着きます。

写真じゃわからないですが、十字型の巨大なショッピングアーケードで、
ドーム型の天井がなんとも美しいんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、ここには高級なお店が立ち並びます。

そして、ショッピング街にしては珍しい、縁起物があるんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それがコイツです。

牡牛のモザイク画なんですが、こいつの急所(股間)に右足のカカトをつけて、時計回りに奇数回回りながら願い事を心の中でして、叶うまでそれを言わなければいつか叶うそうです!

長いですね。纏めておきましょう。

  • 牡牛の股間に右足のカカトをつける
  • 時計回りに奇数回回りながら願い事を心の中で唱える
  • 叶うまでそれを他言しない

ちなみに僕は、まだ言えませんが、もう叶いかけています

あと、今年のクリスマスはSWAROVSKIのクリスマスツリーがありました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

めっちゃ綺麗だったので、行く方はぜひ楽しんできてください!

お昼ごはん

お昼ご飯は、バスで少し移動したところの安めなレストランで食べました。

正直、ここが完全ツアーの少し残念なところでした。

まぁ安いプランで行っている、というのもあるのですが、
控えめに言ってもご飯が美味しくない…

日本のが美味しいのが当たり前だろ!っていうのはそうなんですが、
これなら自分でお店を探して何か買ったほうが、、となってしまうのです。

ちなみに僕は魚介類全般が無理なので、追加料金で料理を変えてもらったのですが、
そういう対応は日本と変わらずでありがたいなー、と思いました。

宗教とか、文化に対する理解は世界各国で広まっているな、と思うと嬉しかったです。

ツアーのごはんについては、また詳しく書きたいと思います。

半日のミラノで感じたこと

イタリアの最初がミラノで、色々と街並みを楽しめたし、
芸術や歴史に直接触れられるような感覚が久々で気持ちよかったです。

他の都市とは違って商業都市なので、やはり雰囲気も少し現代に近い。

そんな形で次の都市ヴェネツィアも思いっきり楽しんできたので、また記事書きます!

読んでくれてありがとうございました!

しんた@旅の投資家

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。