【1冊で文章の書き方を学ぶ】20歳の自分に受けさせたい文章講義(著:古賀史健)

ブログやメルマガなどで、書きたいことはあるけど、文章をどう書いていいかわからない、ってことありませんか?

しんた
しんた
ブログだけじゃなくて、大学や会社でも文章を書く機会は多いので、この悩みってよくあるよね。

そんなあなたは、僕みたいに、とりあえず「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んで、文章を書いてみましょう!

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」をおすすめしたい人
  • 書きたいことは決まっているが、文章にできない
  • 文章を書いてみたはいいものの、なんとなくしっくりこない
  • 文章に関する本は多いけど、どれを読んでいいかわからない
しんた
しんた
僕がこの本を読んでみて、読んで学べてよかったと思うところをまとめてみました!

ちなみに著者の古賀史健さんは、ベストセラーになった「嫌われる勇気」についても書かれています。

まずは翻訳する気持ちで書いてみよう

早速ですが、こんな感覚になったことはないでしょうか。

  • 文章を書こうとすると、手がとまる
  • 気持ち・考えを文章にすることができない

筆者は、こういう感覚になったときの頭の中の状態をぐるぐると呼んでいます。

そして、ぐるぐるはあくまで頭の中でのイメージ(≒言葉)なのだから、そのまま書くのではなく翻訳するつもりで書いみてよう、というのがこの本の考え方です。

しんた
しんた
たしかに、頭の中には絵や音で存在していることもあるから、いきなり文章を書こうとすると難しいよね。

頭の中のぐるぐるを整理する

文章は音や図に頼ることがなかなかできないので、より「翻訳する」という考え方が必要になってきます。

文章を書こうとするが手が止まってしまう、という人は、この「翻訳する」という意識を持つことが大切です。

しんた
しんた
僕は、使うかどうかはさておき、箇条書きで頭の中のイメージを単語で書いておいて、そこから文章を作っているよ。

この翻訳する、というのが苦手な方は、「メモの魔力」を読んでみて、メモをとる習慣から始めてみてもいいかもしれません。

【書評】「メモの魔力」誰でもできることを当たり前にやる。今年もKindleでたくさん読書していこうと思っています! 新年1冊目は、発売前から話題にあがっていた、前田裕二さん(@UGMD)...

頭の中のぐるぐるを翻訳する

では、実際にはどうやって翻訳すれば、しっくりくる翻訳になるのか。

そのために必要なのは、頭の中のイメージを「翻訳する」という技術を身につける、ということである。

本書では大きく次の3つの切り口で、「ぐるぐるを翻訳する技術」についてまとめています。

  1. 文章の読みやすいリズムのつくり方
  2. 途中で飽きずに読んでもらう文章の組み立て方
  3. 読者の視点の捉え方
  4. 文章を推敲するときの考え方
しんた
しんた
本記事では、1と2について僕なりの学びを書いてみました!

音楽と同じように文章のリズムが大切

音楽ではリズムが大切、というのは当たり前ですよね。

バンドでも、ボーカルやベースの人に人気が集まりやすいですが、ドラムがいないと成り立たないですよね。

以下は適当に書いた文章ですが、読みにくくいな、と思いませんか?

スマートフォンの会社についてどれを選べば良いかについて1日考えてみることにした。
電話を使うことはないし家にはWi-Fiもあるからそれでお金がかからなければいいと思っている。
LINE MOBILEを使ってみることにしたら月々2000円もかからなくて済むようになったので満足である。

この文章を例にとって、少し文章の書き方を考えてみたいと思います。

文のつなげ方を意識してみる

まず、意識しておきたいのが、「つなぐ言葉」です。

文章を読むとき、内容がすぐわかった後に「つまり〜」と続いたら、読み飛ばしても大丈夫そうだ、と思いますよね。

逆に、よく内容がわからなかったときに、「例えば〜」と続いてくれたら、ホッとして読み続けられます。

しんた
しんた
無意識かもしれないけど、それだけ「つなぐ言葉」は重要な役割を果たしている、ということだね。

さっきの文章について、「つなぐ言葉」を見直してみました。

スマートフォンの会社についてどれを選べば良いかについて1日考えてみることにした。
最近では電話を使うことはないし家にはWi-Fiもあるからそれでお金がかからなければいいと思っている。
結局LINE MOBILEを使ってみることにしたら月々2000円もかからなくて済むようになったので満足である。

視覚的リズム

もう1つは、文章を目で読むときの視覚的なリズムです。

喋るときに途中で息継ぎするように、文章を読む時も自分が理解できるまとまり毎に読んでいきますよね。

読むペースに合わせて、句読点や改行、段落があると、読者は読みやすくなり、スーッと理解することができます。

先程の文章が視覚的に読みやすくなるように見直してみました。

スマートフォンの会社について、どれを選べば良いか1日考えてみることにした。
最近では電話を使うことはないし、家にはWi-Fiもあるから「お金がかからなければいい」と思っている。

結局、LINEモバイルを使ってみることにしたら、月々2,000円もかからなくて済むようになったので満足である。

どうでしょうか。

句読点で読むまとまりを誘導したり、段落を変えて時間が過ぎていることを匂わせたりすると、理解するときのハードルが下がって読んでもらいやすくなるのです。

しんた
しんた
あと、ひらがなと漢字の割合も8:2くらいにすると読みやすくなるようです。
文章と図の割合についてもこの法則が当てはまりそう。

ちなみに、文章を確認するために音読、という手段はよく使いますよね。
とても有用な手段ですが、自分の書いた文章は比較的スラスラ読めてしまう傾向にあるので、過信のしすぎには注意しましょう!

映画に学ぶ、文章の構成

具体的に、どうやって文章を組み立てればいいかを考えるのって難しいですよね。

そういうときは、映画のカメラワークを意識すると良いそうです。

映画を大きく、序論・本論・結論とわけたとき、カメラワークは基本的に次のように切り替わっていきます。

序論 舞台や時代背景がわかるように、全体を広く写す
本論 登場人物の近くで、その人の感情や行動が強く表現されるように撮る
結論 物語が終わってどうなったのかを、再び遠くから表現する

ブログでも、最初にどんな内容を誰に向けて書くのか、わかるように記載する。

そして、自分の考えや発信したい内容を説明する。

最後に、言いたかったことをまとめて、読者に納得してもらう。

しんた
しんた
他人のブログで文章を読んで、構成をどうすればいいか見当がつかない、という人は試してみてください!

途中で読むのをやめられないように

映画って、チケットを購入して席に座ったら、よほどつまらない場合を除き、最後まで観ますよね。

では、その席に座らせるためにどうしているのかというと、予告編を見てもらって、「これは面白そうだから、絶対観に来よう!」と思ってもらう。

最初の数ページしか読めない本のサンプルとは違って、映画では全体を要約のような予告もありますよね。

しんた
しんた
いかにまだ観ていない人に興味を持ってもらうか、というのは序論を書く上で意識しておきましょう!

論理的に伝わればそれでいいか?

文章とは、あくまで筆者の主張を読者に伝えるためのツールです。

そして、論理的に説明をすることができれば、筆者の主張は読者に伝わるでしょう。

しかし「読んでもらうときのゴール」は、「読者に伝わること」で終わりではないはずです。

きっと、読んでもらった上で、「納得してほしい」とか「行動を変えてほしい」と考えているはずです。

そのためには、伝え方だけでなく、伝える内容についても意識する必要があります。

しんた
しんた
肉フェスに肉を食べに来た人に、「野菜が美味しいから野菜も買って食べてよ」と言っても、なかなか響かない。
でも、「肉の旨味を引き出してくれる野菜なので、一緒に食べてみませんか」と言えば、買ってみよう、と思いませんか?

主張と理由と事実の関係

文章は、大きく3つから構成されています。

  • 主張:筆者の言いたいこと
  • 理由:なぜそのような主張をするのか
  • 事実:筆者がその主張をする根拠

これを、本書では、マトリョーシカ人形に例えていて面白いな、と感じました。

この3つの要素を、リズム良く、正しく繋いで書いてあげることにより、文章は伝わりやすくなります。

しんたの一歩目

この本を読んで、読んでもらうためにどう書くときに考えれば良いことが学べました。

今回も僕が実践することをまとめてみました!

しんたの一歩目
  • 視覚的なリズムを意識して書く
  • 文章を書くことを上達するために、1日1記事書く
  • 文章を書くためのアンテナ張り、インプットは減らさない
こちらの記事もおすすめ!